国家資格を専門性を高める!【コミュニケーション能力が必要】

国家資格ではありません

男性

専門のスクールで学ぶ

整体師は特別な資格がないと慣れないイメージもありますが、理学療法士やあん摩マッサージ師が国家資格が必要なのに対して、医療行為を行わない整体師は国家資格ではありません。とはいえ、安全で効果的な施術を行うためにはいきなり開業というのは無理もあります。整体師になるには国家資格は必要ありませんが、やはり基礎医学は理解しておきたいですし、施術を提供するためには高い技術力も必要です。整体師になるには、独学や通信教育という方法もありますが、プロの指導を直接受けることができる専門のスクールで基本からしっかり学ぶことがおすすめです。整体師は国家資格がなくても自宅開業や整体院、リラクゼーションサロンなどで施術を提供することはできますが、民間の資格を取得しておくと整体師になるための勉強をしっかり行ってきたこと、一定の技術や知識があることを証明しやすくなります。専門の学校を卒業した後に整体師になるには、いきなり開業という方法もありますのが、まずは整体院やリラクゼーションサロンに就職し、経験を積んでおくことがおすすめです。多くの人が施術に訪れたいと思わせる信頼できる整体師になるには高い技術力はもちろん、接客態度も良いことが大事です。就職した際も技術力を磨いていくことはもちろんですが、お客さんがリラックスして施術を受けられるよう接客もしっかり学んでいきましょう。整体関連の就職先はスクールからも紹介してもらうことができますので、卒業後にすぐに整体師として活躍したい場合は就職や開業のサポートがしっかりと行われているスクールを選んでおくことがおすすめです。