国家資格を専門性を高める!【コミュニケーション能力が必要】

人気の医療・介護系の仕事

勉強

資格をゲットして求人応募

仕事をしていくうえでは国家資格がないとできない仕事、国家資格がなくてもそのお手伝い程度はできる仕事、特に資格はいらない仕事がありますが、医療系の分野は国家資格がないと就けない仕事も多く、専門性と高い技術が要求されています。医療系の国家資格一覧で代表的なのが医師や薬剤師、看護師の資格です。医師や薬剤師は6年制の大学を出る必要があり、受験の難易度も高いので国家資格を得るためには準備や費用も必要になります。一方、看護師の場合3年から4年程度のカリキュラムで試験を受験できるので、一度、社会人になって別の職業に就いた後に一念発起して学校に入り直す方も少なくありません。また、医療分野では高度な機器を使用したり、危険な成分を扱うこともあるため、検査関連の国家資格も人気があります。一覧でいえば、放射線を扱うレントゲン技師や精密検査に欠かせない臨床検査技師などが挙げられます。さらに今の時代にニーズが多いのがリハビリ系の国家資格者です。一覧でいうと理学療法士、作業療法士、言語聴覚士が代表的です。高齢者の介護予防や身体能力の維持や改善のサポートをはじめ、年齢を問わず事故や病気で身体機能に問題が生じた方の回復をサポートする仕事です。高齢化に伴い介護分野での国家資格も人気が高まり、求人数も増大傾向にあります。一覧から見ると介護福祉士や社会福祉士、ケアマネジャーや介護相談専門員などがあり、介護施設や障碍者施設をはじめ、病院での求人も増えています。