国家資格を専門性を高める!【コミュニケーション能力が必要】

骨や筋の治療を行う

女性

専門学校で学ぶ

柔道整復師は、骨折や捻挫、肉離れといった骨や関節、筋等、人の可動部に起こった傷害を治します。同じような箇所の傷害を治療する整形外科医とよく比べられますが、手術や投薬を行う医師とは違い、柔道整復師は主に手技を用いて治療するもので、湿布やテーピングを利用し人間の持つ自然治癒力によって回復へと導くという特徴があるのです。柔道整復師による治療は、準医療行為として認められており、保険を利用することができます。そのため、柔道整復師になるには国家資格が必要とされているのです。柔道整復師を目指すには、文部科学大臣または厚生労働大臣が指定した柔道整復師専門学校か養成課程のある大学、短大で、3年以上必要な知識と技術を学ぶことが求められます。学校で必要な課程を修了すると国家試験の受験資格が得られ、それに合格してようやく柔道整復師としてのスタートラインにつくことができるのです。なお、国家試験は年に一回しかないため、不合格だと翌年の受験まで待たなければなりません。学校の在学中に、しっかりと知識と技術を身に付けることが大切です。柔道整復師は、いわゆるほねつぎと呼ばれる整骨院や接骨院、整形科等のリハビリ施設のある病院などが主な活躍の場です。さらに近年は高齢化社会の進行から、老人施設等の介護現場での需要が高まっています。また、野球やサッカー等のスポーツチームには欠かせないトレーナーとして活躍する柔道整復師が増えてきており、今後活躍の場がますます広がっていくと考えられています。