国家資格を専門性を高める!【コミュニケーション能力が必要】

男性

国家資格ではありません

整体師は特別な資格が必要というイメージもありますが、国家資格は必要ありません。とはいえ、いきなりプロとして活躍するのは厳しいものもあります。整体師になるには、まずは専門のスクールで知識を学び、高い技術を身につけていくことがおすすめです。

詳しく見る

勉強

人気の医療・介護系の仕事

医療や介護の分野では慢性的に人材不足が続いている一方で、高齢化でニーズも増えているので医療や介護系の国家資格を取得することで活躍の場が広がります。資格一覧をチェックして、自分に合う仕事を見つけましょう。

詳しく見る

女性

骨や筋の治療を行う

柔道整復師は骨や関節、筋等の傷害を治療します。似た箇所を治療する整形外科医は手術や投薬を行いますが、柔道整復師は手技を用いて人の持つ自然治癒力を発揮して治療するという特徴があるのです。柔道整復師になるには養成課程のある専門学校や大学、短大で3年以上学び、修了後国家試験に合格することが必要です。

詳しく見る

男の人と女の人

手技で体を癒やす

整体師になるには必要な知識と技術を習得するため養成する専門学校やスクールに通うのがおすすめです。学校は全日制から短期コースまで様々あり自分に合ったものが選べます。学校に通うことが難しい場合は通信教育も良いでしょう。なお学校の費用は全日制で年間80万〜100万円、通信教育では数万〜10万円が相場です。

詳しく見る

受験資格を調べましょう

勉強道具

多くは大学で学びます

国家資格とは国が認める資格であり、様々な種類のある資格の中でも最もランクの高い資格とも言われています。専門的な知識が求められる職業に就職するためには国家資格を持っておく必要があり、医療系の資格一覧ではおよそ30種類の国家資格が記載されています。国家資格試験は毎年決められた時期に行われていますが、誰でも受験できるものは少なく、一般的には定められている条件を満たしている方のみ受験できるようになっています。医療系の場合は大学に入学して学ぶ必要があり、数年間の学習をして卒業することが受験資格となっています。特に、医師や薬剤師、歯科医師の場合は6年間大学に通う必要があるため、長期間の学習が必要となっています。看護師の場合、4年制大学だけではなく短期大学や看護学校で学ぶという方法があり、学習期間などがそれぞれ異なっています。そのため、自分の目標などに応じて進学先を変えるのが良いでしょう。近年、医療系では正確な情報伝達や患者様との会話が重要視されているため、コミュニケーション能力が必要と言われています。この事から国家資格に必要な知識だけではなく、医療現場で求められるスキル一覧なども参考にして学習していくことが重要と言えるでしょう。資格によっては実習経験を積む必要のあるものや、細かいルールが変わったものなども存在します。そのため、資格一覧で情報収集する際は受験資格などについてよく理解をしておき、最新情報が記載されている資格一覧表を参考にするのが望ましいと言えるでしょう。国家資格には、仕業や医療関係など様々な資格が存在しますが、近年注目を集めているのが社会福祉士です。需要の拡大から、現在介護関係の資格が注目されています。社会福祉士の資格は簡単に取得できるようなものではありませんが、一度取得すれば一生涯有効です。また、大都市だけでなく新潟などの地方都市でも職が豊富なので、仕事に困るようなことはないでしょう。今後国家資格の取得を目指すのであれば、社会福祉士がおすすめです。